スポンサーサイト

2014.11.23 Sunday,

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Category:-
  • -
  • -
  • -
  • -

こんばんは。やぎ座のA型です。
なんならもうB型でもいいです。O型でもなんでもいいです。でも輸血はAでお願いします。
今日のやぎ座のA型はかなり疲れておりますが、明日はもっとDeepな日なのでとりあえずお腹すきました。


さて。
来月頭、ライブです。
三軒茶屋わーい歩いて行けるし最高。
なんならピアノも持ち込み出来ちゃう距離だよね出来ません。


12月11日(土) brand new 'straight' CPJ at 三軒茶屋オブサンズ

三軒茶屋オブサンズ
http://www.obsounds.com/
東京都世田谷区若林1-8-8デンス河野ビルB1
03-6805-3621
開場 pm6:30 開演 pm7:30
m.c.¥2,500
松井秋彦(作編曲, ds)富山馨(g)中田恒夫(vln)クリスアキ(p)倉部昭仁(b)

珍しく土曜日です。
そして多分珍しくJazz色の強い曲も入っています。
入っていますよね?
うん、入っていますね

曲目リストが今手元にありますが、これ、いろんな世界観の曲混ざっていてかなり幅広いです。
つまり練習も大変ですねあはは。
でも楽しい曲ばっかです。
お時間あれば、是非遊びにいらして下さい。



あと来年の3/9(水)、ブルースアレーでの「mujik CPJ Festival 1st」企画ライブ、チケット予約開始だそうなので掲載しますが、詳細は近々改めて書きます。
サイトはこちら

このライブ、やぎ座のA型はLine Drive(バンド名)とGrooveX(バンド名)で酸化予定です、いや参加だってばご変換いや誤変換。
来年のスケジュール帳ご購入の際には、コソッと予定に書きこんでおいて頂ければ幸いです。


星が降って来た夜。

2010.10.09 Saturday,04:46

久しぶりにコンサートなどに足を運んでみた。
時間的に今抜けるといろいろとかなり厳しい事になるのだけど(つーか今現在、厳しい事になっとる訳なので息抜きにブログを書いてみとる)、どうもこれは聞いておかなきゃいけないような気がして、無理やり行ってきた。
武満徹80歳バースデーコンサート。(と言っても、ご本人は14年ぐらい前に亡くなっている)

今夜の演目にも入っていたAsterismという武満の曲、この曲はまぁおそらく有名どころって事になるんだろうけど、私は生で聞くのは今日が初めて。
指揮はオリヴァーナッセン、ピアノはピーターゼルキン、オケは東京フィルハーモニーという布陣。

いやもう、凄かったよ。

・・・こういう時に、自分の言語能力の低さにげんなりする。

その名のとおり眩い星が手を変え品を変え、恐ろしい程にホールへと降って来たよ。
なんだか気付いたら自然と涙が。。。
やっぱり音楽は生に限ると思うのだ。こういう事があるのだから。同じ演奏なんて今日この日にしか味わえないのだから。

この曲って、終盤の「これでもか!」ってクレッシェンドとそこからの静寂がクローズアップされる事が多いような気がするけど、決してそれだけじゃ無い。そこに行き着くまでの緻密に重なる音の数々、凄い。
無調性とか調性とかそんなもん超越してるんだけど、武満独自の一定の秩序がある(ように感じる)。まぁスコアも見たこと無いので偉そうな事はこれっぽっちも言えないけど、、、。

なんなんだろうなぁこれ。何をどうやったらこういう作曲思考に行き着くのかな?

弾く方はめちゃんこ大変だろうし、おおよそ間違えてても(自分も含め)大多数の人は気付かんだろうなと思うのだけれど、それでも楽曲に真正面から向き合い曲の世界観を真摯に表現しようとする「プロ」(いや、どんな音楽やっとってもそうあるべきなのだと私は思うのだが)の演者達のお陰で、私は次から次に移りゆく景色を堪能でき、いつの間にか世界に引きこまれて行った。


帰る道すがら、大昔、建築家シナンが建造物に神を宿そうとしたというような話を、ふと思い出した。
武満も宇宙を曲に宿そうとしたのかなぁなどと勝手に想像した、大量の星の光が降って来た夜でござんした。

行って良かった。

【自分用メモ】二人反省会。

2010.09.22 Wednesday,17:40

JJ Festaが終りました。
今回もいろんな方がいらっしゃいました。聞いてて楽しかったし勉強になりました。
いろんな価値観が数時間のうちにめまぐるしく変わっていく空間って、そうそう無いと思うのだけれど、そんなそうそう無い空間にいるのは、ほんと楽しい。
歌もインストも、「自分はコレが好きなんす、よ!!」って演奏が言ってる人、いっぱいいたなぁ。
音は口程にモノを言うのだ。

自分の目指せ一人オーケストラもなんとか終りました。
いつもとは違う感じになったかなぁ、、、どうだろう。
心臓に悪すぎておそらく二度とやることは無いんじゃないかと思う・・・あ、強調しちゃったけど、1音1音、ホールにおけるピアノの響きを確かめながら演奏出来るのは楽しいものです。
こんな感じで弾いてきました。

まぁいちおうクリックで拡大。

・横軸⇒時間
・縦軸⇒音圧(っぽいもの)
最初で最後の記念に一応音も置いてみますが音質悪いです。ヘッドフォンでよろ。
Framboise 【7MB/MP3】

たまにはこの波形で自分の演奏を、あ、間違えた、お友達のしほほーいの演奏を振り返って二人反省会をします。

1)イントロセクションの前に適当にイントロを弾いてみた

2)本イントロを弾いていたはずが、いつの間にかテーマAセクションに入っていた。久しぶりの感覚でド緊張してて間違えた。ま、これはいいや。

3)テーマAセクション。危うくイントロに戻りそうに・・・。(2)よりもオクターブ高いところで違う感じを出す努力が(2)との波形差に微妙に現れているようでなんだか嬉しい

4)テーマBセクション。自分の中では平原エリアなのでほのぼのと爽やかに弾くつもり、だった・・・

5)ソロパート部のテーマCセクション。5連符の精度を高める事を目指しつつ再度オクターブ下へ移動して混沌とさせるのが目標、だった・・・

6)テーマCのコード上でソロ。自由にやらせて頂きました。徐々に音数増やして盛り上げるつもりがやっぱり結構最初から弾いちゃった気がする。反省。

7)テーマCの音量アップバージョン。左手はベース音も弾く都合、1拍で最大4.5オクターブ飛んだお陰で音1箇所外した。終盤に向けてスピードも激烈にアップ・・・させすぎたかも。自分でも速すぎて弾くの大変だた。

8)テーマDセクション。猪突猛進的に低音の方へ駆け抜けるところ。

9)テーマAセクションに戻って静かに終わる。


という感じかのう。
家で弾いてる時は8分切った事が無かったんだけど、前半で1セクション間違えてすっ飛ばしているので、ぎりぎり7分ぐらいで終わってる。。。

結局最後まで会場のピアノの鍵盤とペダルのクセをつかめなかったのも反省。こういうのほんとムズイ。

本当は全編5連符の曲なんだけど、こういう形で5連を右手と左手に分離して抑揚つけるのは、なんかもーやたら大変で音粒にも連符にも精度が出ないのが悔しい所です。所々6連になっとる。
まー今後の課題やなー。

でも人前では二度とやらないと思うけど・・・


この曲、松井さんの曲だけど、しっかしまぁ綺麗な曲だなぁと思う。
こんな曲かけたら、私の人生もハッピーになるんじゃないかと思う。
いいよなぁ・・・。
楽譜の作曲者の名前んところ、自分の名前に変えちゃおうかな・・・


そんな感じで、近年では有り得ないほどド緊張しましたが、いい演奏沢山聞けたし楽しかったー。


これだけは言っておきたい。

2010.09.15 Wednesday,00:22

今、私はそこはかとなく、眠いです。

以上、今お伝えしたい事でした。



あ、うそうそ、そうでなくて
てんやわんやしている内に、気付いたらもう今週末日曜にせまっておりました。下記のような催しがございます。

『JJ FESTA VII』
9月19日(日)
めぐろパーシモンホール(小ホール)
http://www.persimmon.or.jp/
東京都目黒区八雲1-1-1
東急東横線【都立大学駅】より徒歩7分
03-5701-2924
開場 15:00 開演 15:30
入場無料
出演/ Mujik Clinique JJ 生徒
バックバンド/ 松井秋彦(p,g,b) 山田晃路(b) 嶋村一徳(ds)
ピアノ伴奏/ 前田祐希
サポート/ 富山馨(g) クリスアキ(p)

世田谷は駒沢にあり、歌の魔法使いさんとリズムのお、、、でなくて、と、祐希さん松井さんが主宰されているMujik Clinique JJ(ミュージッククリニックJJ)とゆー超おもろい音楽スクールのお祭りコンサートです。

で、くりすあきもピアノでちょっとだけお手伝いさせて頂きます。
あと、くりすとお友達のくりさきしほほーいさんも出るって言ってました。ヤツはソロピアノやるそうです。
ホールなので、ちょっといつもとは違う弾き方をしたいって、目指せ一人オーケストラって、さっきブツブツ言ってました、しほほーいが。
ぶっちゃけ、曲纏めるのにまだかなり苦労しているようです、しほほーいが。

あ、そうだ。
松井さんのmixiによると、入場のみならずなんと退場まで無料!だそうですよ、太っ腹!

というわけで、お時間あればのぞきにいらして下さいまし。


あと私は肝心な事も忘れておりまして、、、
終演後、ロビーでお酒ありの打ち上げあるんですよね、、、その参加表明締切日がどうやら今日ぐらいまでのようです。お知らせが遅くてどうぼすびばせん。
詳しくはこちらの祐希さんブログで、、、って、間に合うのかな、、、


ふぅ。
今日はもう限界なので寝ます。パタリ。

イメージすること

2010.08.20 Friday,02:42

昔、正確に書くなら大昔、小学校低学年だった私は、鉄棒の逆上がりが出来なかった。

他の子はたいてい難なくやってのけるのに、私は出来なくて、それが凄く凄く悔しくて、昼休みや放課後に必死になって練習して。でもやっぱり出来ないままだった。

スカート回りだとか懸垂とか連続前回りとか、そんなのはむしろ得意で、やりすぎて何枚もスカート破っちゃったし、何回続けて出来るかを競ってたぐらいだったのに、逆上がりだけはいつまでたっても出来ないまんま。出来るようになる気がしなかった。きっと私には無理なんだなぁと思ってた。


そうこうしているうちに、体育の時間に逆上がりのテストが実施される事になった。

背の順だったから私の番は最後の方。
まわりの子は次々にクリアーしていく。
その姿をいいなぁってうらやましげに眺めていたのだけれど、見ているうちに、なんだか自分にも出来るような気がしてきた。頭の中には、軽々と逆上がりをしている自分の姿しか見えなくなった。不思議な気分だった。


私の番が回って来た。


結果、その日生まれて初めて出来たんだよね、逆上がり。
それまでいくら頑張っても一度も出来なかったのに、いとも簡単に、逆上がり出来た。


なんか自分でも物凄くびっくりして。
何でだろうって考えたんだけど、思い当たる原因はやはり、「逆上がり出来てるイメージ」を、その時の私がはっきりと持っていた事だったように思った。


テスト終わってその日の放課後にやってみたら、もう出来なかったんだよね。それ以来、また出来なくなっちゃったんだけど。


この小さな出来事、ウン十年たった今でもはっきり覚えてるし、事あるごとに、というか弱気になった時は特に思い出す。

結局、イメージすることって、何よりも大事だと思う。こうなりたい、こうしたい、そういうイメージを持ち続けるって実はとても難しい事だけど(いろんな誘惑やガセネタが世の中には転がっているから)、でも一番大切な事だと思う。


よく「自分には無理だし」的な発言を耳にするけれど、それって一般的にはおそらく二つの意味があって、一つは「やる気も興味も無いからお茶を濁す意味で、あるいは話題を切り上げる意味で言ってみた」ってパターンと、「やりたいけど、やったって自分には出来っこない」と文字通りなパターン。


これ、後者だとするなら、物凄くもったいないと思う。というか、私も長いこと後者側が多かったし、今でもつい言ってしまいそうになる人間なので、偉そうな事は言えないけれど、でも少なくとも具体的になりたいイメージを持つことによって何かしらが変わってくるのは実証済み。なんなら人生まで変わるって事も何度も実証済み。


だからね、逆上がりも出来たんだって。もともと持ってる能力が足りてなくても、イメージで回れたんだって。

そのぐらい、ばかにすることは出来ないもののように思う、イメージを持つ事って。


スキージャンパーが、自分のベストの状態をイメージして白銀の世界に踏み込むような感じだよな、きっと。


何を感じた?どう感じた?何をしたい?どうしたい?どんな表現をしたい?どういう音を出したい?どう弾きたい?強く?優しく?楽しく?悲しく?切なく?

そんな事を感じながら自分の気持ちが向かう方向をはっきりとイメージ出来たら、あとはそのイメージを具現化させるスキルを身につけるべく、とことん地味に練習するだけ。

物凄く単純な事なんだよ。

そもそも人間の脳なんて、使われていない部分が大半を占めてるんだから、使ってない脳の能力なんかを考えたら、簡単に出来ないなんて決めちゃったら勿体無いよな。


…なので、もうちょっと頑張れよ、私、、、。


piano hand krisaki

profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

recent posts

categories

archives

links

feed

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析