スポンサーサイト

2014.11.23 Sunday,

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Category:-
  • -
  • -
  • -
  • -

こんばんは。やぎ座のA型です。
なんならもうB型でもいいです。O型でもなんでもいいです。でも輸血はAでお願いします。
今日のやぎ座のA型はかなり疲れておりますが、明日はもっとDeepな日なのでとりあえずお腹すきました。


さて。
来月頭、ライブです。
三軒茶屋わーい歩いて行けるし最高。
なんならピアノも持ち込み出来ちゃう距離だよね出来ません。


12月11日(土) brand new 'straight' CPJ at 三軒茶屋オブサンズ

三軒茶屋オブサンズ
http://www.obsounds.com/
東京都世田谷区若林1-8-8デンス河野ビルB1
03-6805-3621
開場 pm6:30 開演 pm7:30
m.c.¥2,500
松井秋彦(作編曲, ds)富山馨(g)中田恒夫(vln)クリスアキ(p)倉部昭仁(b)

珍しく土曜日です。
そして多分珍しくJazz色の強い曲も入っています。
入っていますよね?
うん、入っていますね

曲目リストが今手元にありますが、これ、いろんな世界観の曲混ざっていてかなり幅広いです。
つまり練習も大変ですねあはは。
でも楽しい曲ばっかです。
お時間あれば、是非遊びにいらして下さい。



あと来年の3/9(水)、ブルースアレーでの「mujik CPJ Festival 1st」企画ライブ、チケット予約開始だそうなので掲載しますが、詳細は近々改めて書きます。
サイトはこちら

このライブ、やぎ座のA型はLine Drive(バンド名)とGrooveX(バンド名)で酸化予定です、いや参加だってばご変換いや誤変換。
来年のスケジュール帳ご購入の際には、コソッと予定に書きこんでおいて頂ければ幸いです。


あのですね、このブログ、こっそり右側にブログパーツ増えたんですよ、ご存知でしたか?

あ、そうそう、そのコーワのケロコロスロットマシーンです。

それ、ちょっとやってみて下さい。
スタートストップ押すだけです。
ケロさんが三匹揃ったら、かなり幸せな事になるんですよ、はい。笑えます、私はですけど。

ちょっとー、ちょっとちょっとー、やってみて下さい。

ちなみに、コーワのケロコロちゃん、赤い服がケロちゃんで青い服がコロちゃんなんですよ?ですよ??

どうでもいいですか?
いいえ、どうでも良くないですケロ。

あらやだ、語尾が変になってしまうケロね。私ったらどうしたのかしらケロ。


あと、私、本物のカエルさんは割と苦手です、ケロ。


そいえば先日、椅子処分に伴い記念写真を撮りました。



ほんとにどうでもいいですよね、はいはいわかってます、わかってますよーだ。

なんか首痛くて眠れないので、無駄な更新しました、はい。


気をつけよう 暗い夜道と 自転車激突


まぁ、ブログパーツの話書いてますけど、今確認のためにiPhoneから見ようとしても見えないんですけどね…


……あーなんかダメ。今日はとことんダメな感じですね。
ただでさえ低レベルなブログが更に急降下してますね。


寝ます。寝てみせますとも。
三時間後に起こしてケロ。

背中にサラミ。

2010.10.26 Tuesday,03:33

先日よりどうにも全身痛くてしょうがないのでちゃんと診てもらってきたのですが、なんだか首がムチウチ状態になっとるのだそうです。
交通事故ですか?って聞かれたのですが、思い当たる事は自転車激突ぐらいなもんなので、良くわかりません。

もうこのさい徹底的に全身メンテナンスをする事にしました。
本日は鍼灸整体骨格矯正マッサージとフルコース。
さらにいちお治療の一環として、こんなものもうける事に。血流改善になるのだそうです。

それで、施術中に先生がやたら笑う笑う、、、
私、カップの痕が非常につきやすいらしく、それが見事とのこと、、、。
(↑痕が付きやすい人は血液ドロドロなんだってさー。う、日頃の不摂生が、、、)

帰ってきて背中見たら、、、本当だ、、、サラミが、、、
まさにサラミみたいな真っ赤っ赤なマル痕が背中全面に、、、

これ、確かにかなり笑えます。
この感動をどうにか伝えたいわけですが、そして見せたいんですが、見せたくて見せたくてしょうがないんですが、見せられないのが残念です。

背中にサラミ。
てゆか、背中がタコ足みたいになってます。ぷぷ。

いや、笑い事じゃない。
もーいい加減、健康体が欲しいです。



関係無いけど、ポット、やっと買いました。

今年最大に悩み中。

2010.10.16 Saturday,01:43


今日、何故か申し込み用紙を頂きました。

参りました。
数字決められなくて悶絶。

 


キャリーオーバーだそうです。

1等⇒ライブハウス建設
2等⇒まだヒミツ
3等⇒とりあえず隣の隣の部屋へ引っ越し
4等⇒飲み会(盛大に)
5等⇒チロルチョコ100個


星が降って来た夜。

2010.10.09 Saturday,04:46

久しぶりにコンサートなどに足を運んでみた。
時間的に今抜けるといろいろとかなり厳しい事になるのだけど(つーか今現在、厳しい事になっとる訳なので息抜きにブログを書いてみとる)、どうもこれは聞いておかなきゃいけないような気がして、無理やり行ってきた。
武満徹80歳バースデーコンサート。(と言っても、ご本人は14年ぐらい前に亡くなっている)

今夜の演目にも入っていたAsterismという武満の曲、この曲はまぁおそらく有名どころって事になるんだろうけど、私は生で聞くのは今日が初めて。
指揮はオリヴァーナッセン、ピアノはピーターゼルキン、オケは東京フィルハーモニーという布陣。

いやもう、凄かったよ。

・・・こういう時に、自分の言語能力の低さにげんなりする。

その名のとおり眩い星が手を変え品を変え、恐ろしい程にホールへと降って来たよ。
なんだか気付いたら自然と涙が。。。
やっぱり音楽は生に限ると思うのだ。こういう事があるのだから。同じ演奏なんて今日この日にしか味わえないのだから。

この曲って、終盤の「これでもか!」ってクレッシェンドとそこからの静寂がクローズアップされる事が多いような気がするけど、決してそれだけじゃ無い。そこに行き着くまでの緻密に重なる音の数々、凄い。
無調性とか調性とかそんなもん超越してるんだけど、武満独自の一定の秩序がある(ように感じる)。まぁスコアも見たこと無いので偉そうな事はこれっぽっちも言えないけど、、、。

なんなんだろうなぁこれ。何をどうやったらこういう作曲思考に行き着くのかな?

弾く方はめちゃんこ大変だろうし、おおよそ間違えてても(自分も含め)大多数の人は気付かんだろうなと思うのだけれど、それでも楽曲に真正面から向き合い曲の世界観を真摯に表現しようとする「プロ」(いや、どんな音楽やっとってもそうあるべきなのだと私は思うのだが)の演者達のお陰で、私は次から次に移りゆく景色を堪能でき、いつの間にか世界に引きこまれて行った。


帰る道すがら、大昔、建築家シナンが建造物に神を宿そうとしたというような話を、ふと思い出した。
武満も宇宙を曲に宿そうとしたのかなぁなどと勝手に想像した、大量の星の光が降って来た夜でござんした。

行って良かった。
続きを読む >>


piano hand krisaki

profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

recent posts

categories

archives

links

feed

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析